基礎知識

こどもの将来に役立つ学資保険

学資保険はお子さんが未来に利用するであろう教育資金を貯蓄しておくという事がメインの保険です。
お子さんが生まれてから学資保険へ加入し、毎月保険料を支払い満期を迎えることで、学資満期金や祝い金などの給付があります。
お子さんがどう進学するかという事は未来の事なのでわかりませんが、お子さんが将来希望する学校に行けるように、親としてしっかり加入しておきたい保険ですね。

一般的に100万円から300万円程度の学資保険への加入が多いです。
例えば大学進学時に大きな資金がほしいと思う場合、満18歳になった時、満期保険金と祝い金が給付されるというものや、15歳、18歳でそれぞれ給付があるというタイプのものなど、様々な学資保険があります。

少し前まで不況時代の余波が継続し、いえ、いまだ中小企業には景気回復となっているかどうか疑問がありますが、以前の不況全盛期には、お子さんが進学を希望しても親の都合で進学できないという事も多々ありました。
こういう時、学資保険があればある程度まとまった金額が入ってきますので、後は奨学金等ローンを組むなどして乗り越えることが可能となります。
学資保険は少しでもお子さんの教育をサポートできる保険として、昔から保護者の皆さんの利用が多い保険です。

このページの先頭へ