基礎知識

教育資金の積立の代表「学資保険」

普通に貯金するというのも大変です。
余裕あって生活している分には貯蓄も可能ですが、きりきりの生活をしていればなかなかお金を貯めるということは難しいのです。
でもお子さんの教育資金はお子さんが希望する教育を受けさせてあげるために必要不可欠なものとなります。
やはり「この学校へ行きたい」という希望を持ったお子さんに、「お金がないから無理」とは親として言いたくありませんよね。

お子さんの為の貯蓄を考える際、教育資金の中心としたいのが、お子さんが一定の年齢になる際に利用できるようになる積立、学資保険です。
返戻率が高くなるように貯蓄メインに加入すれば総支払保険料よりも、満期保険金の方が高くなります。
満期になれば約束したお金が給付される学資保険を中心にして、余裕があればプラスの貯蓄を考えていけばいいでしょう。

お子さんに手がかからなくなると現代では多くの母親がパートやアルバイトに出ます。
夫の給料だけの生活から妻の給料がプラスされるのですから、そこから少しでも貯蓄出来るように、最初は少ない金額でいいのでためていきましょう。
学資保険にプラスする貯蓄を少しずつ増加させることで、教育資金に余裕を持てるようになっていきます。
計画的に、お子さんがいくつになった時、いくらまで貯蓄がほしいと目標を立てておくといいでしょう。

このページの先頭へ